よもぎの不思議な力
よもぎの成分と効能
よもぎと草餅

アルテ・テラピー入門編
アルテ・テラピー上級編


「世茂喜香・清浄香」によるアルテテラピーの香煙療法




よもぎへのこだわり
カワラヨモギの卓効

長年の経験からとくにオオヨモギ、カワラヨモギ、ハマヨモギ、ヒメヨモギの四種を特別な力をもったよもぎとして研究
しています。
カワラヨモギは海岸の砂地に多く見られる多年草で、利胆作用、抗カビおよび駆虫作用、肝炎、解熱、抗微生物作用
降圧作用、利尿作用、黄だん、じんましん、むくみなどに効果があります。
よもぎと野菜の栄養成分の比較
成分的には、タンパク質、カルシウム、鉄分、カロチン、クロロフィル、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCのなどのほかにアミラーゼ、インベルターゼなどの酵素も含有。生薬と呼ぶにふさわしい成分です。
食品名 繊維 カルシウム りん ナトリウム カリウム カロチン ビタミンA
よもぎ(生葉)
よもぎ(粉末)
普通牛乳
ほうれん草(生)
にんじん(生)
かぼちゃ(西洋・生)
グリーンピース(生)
2.2
12.0
0
0.8
1
1.2
2.7
140
1,230
100
55
39
24
26
70
312
90
60
36
37
110
4.3
53.6
0.1
3.7
0.8
0.6
2.0
8
65.2
50
21
26
1
1
670
2,190
150
740
400
370
370
3,600
16,200
11
3,100
7,300
850
340
2,00
9,00
110
1,700
4,100
470
190
食品成分表参照
採取時期
採取のベストタイミングは、湿気の少ない日の午前中、朝露が消えたばかりのときに採集します。
枯れたり、傷んだりした部分を取り除き、必要な部分だけを採集し、採集する量も必要最小限にとどめます。
暖地では7〜8月、寒冷地では8月上旬〜9月下旬ごろに行いますが、品種や用途によって採集時期、採集部分が
違います。
葉を使用する場合は若葉から盛葉のころで、根や茎を使用する場合は地上部の茎や葉が枯れる直前(晩秋から冬に
かけて)、全草を使用の場合は花が咲いているとき、また果実が熟するころ、種子を使用する場合は種子が十分に成熟
したころ。
特殊加工法
アルテオイル
アルテビネガー
up
サイトマップ サイトポリシー 通販法規表示
 Copyright(c)2007 yomogikenkoho All rights reserved.